レンタル装備で富士登山!

 

 

新入社員研修で富士登山

昨年4月、新入社員として社会人生活をスタートした私には、1つ心配事がありました。それは毎年夏に行われる、新入社員全員での富士登山です。

 

小学校から大学までスポーツに打ち込んでいた私は、体力には自信がありました。新入社員にはインドア派も多かったため、人事部からはゆっくり時間をかけて登ると聞いていたこともあり、登ること自体に不安はありませんでした。

 

しかし、今まで登山した山といえば高尾山くらいで、私服でも登れてしまうレベルでした。そのため、登山用品を一つも持っておらず、富士登山を控えて「さすがに準備しなくては」という心配がありました。

 

そこで初めて登山用品店を訪れた私が受けた印象は「全体的に価格が高い」ことでした。それもそのはず、登山用品は悪天候や砂利道などの過酷な状況に耐えうる設計になっており、高品質で耐久性が高い作りになっているためです。

 

ただ、登山の予定は研修での1回だけで、それに対してトータル10万円近くの出費は、新入社員の私にとって大きすぎる出費でした。

 

結局その日は何も買わず手ぶらで帰宅した私ですが、低予算で登山用品を揃える道を模索するうちに富士山の近くで登山用品のレンタルを手掛けるお店を見つけました。

 

 

登山用品レンタル店の発見

そのレンタル用品店で店員に勧められたのは「登山用品一式セット」です。これは登山ウエア・レインウエア・リュックサック・ヘッドライト・ステッキ・登山靴がセットになったもので、これさえ借りれば初心者でも不自由なく登山を楽しめるというものでした。値段は一泊二日で9,000円と、貧乏な新入社員である私にとっても安心してレンタルできる価格でした。

 

予約さえしておけば登山当日にレンタルしてそのまま登山に行けるとのことだったため、その日は予約だけして当日の朝再び店を訪れることにしました。

 

登山当日は午後13時に集合だったため、午前中に登山用品を一式レンタルし、集合場所に向かいました。登山が始まってからも一式レンタルしていたおかげで何一つ不自由を感じることなく、無事登頂することができました。

 

今回感じたことは、将来的にも継続して利用するものに対してはお金をかけて自分が気に入ったものを購入するべきだと思うが、今回のように、一度限りの使用であったり、今後の使用頻度が高くないものに関してはレンタル用品を活用することによって、より低コストで楽しむことができると感じました。またこのような機会にはレンタル用品をどんどん活用したいと思います。」